グローバルIT留学体験談学生インタビュー

大学に入学してたった1年で、なぜ休学してまでセブ島IT留学を決意したのか。

こんにちは!

一見ギャルだと思われがちですが、実は真面目な女子大生きらりです!

大阪出身で大分県の大学へ進学し、大学1年の冬に半年間の休学を決意し、現在フィリピンのセブ島でIT留学中です。

記念すべき私の第1回目の記事は文系の大学に通う女子大生が大学に入学してたった1年で、なぜ休学を決意したのか。について語らせて頂きます!

私がこの留学を決意した3つの決め手について書いていきます。


将来の夢のために

私の将来の夢は海外の美容商品を日本で販売することです!

高校生の頃からコスメに興味があり、時間が空くとすぐにTwitterの美容系アカウントを見て情報収集したり、休日に買い物へ行くと気になったものは爆買いするチャイニーズです。(顔面にはお金を惜しまず、しっかり投資しますw)

なぜそれがIT留学と関連していると思いますか?

その理由は、大好きなコスメをネットで販売したいから!!!

海外大好き!コスメ大好き!な私は、大好きな外国人インスタグラマーが使ってるパッケージが超かわいいコスメだったり、韓国でしか売っていないような美白スキンケア商品を買いたいのです!

でも、実際に「海外 コスメ」と検索してみても、ここなら安心して買えそうと思えるサイトがなかなか見つからないのが現状です。なので、個人的にまだ信頼できる某有名ECサイトで買おうとするのですが、そもそも売っていない商品が多く、コピー商品が販売されていることもあるので、結局そのサイトも100%信用できるわけではないのです。

そこで、安心して海外の美容商品を購入できるサイトがないなら、イケてる海外のコスメ販売サイトを自分で作ってやろうじゃないか!と思い立ち、その第一歩としてフランジアのグローバルIT留学を選びました。

この留学の最初の1ヶ月でHTML・CSS・PHPの基礎を習得できます。カリキュラム外にはなりますが、WordPressも使いこなせるようになると、自分でアレンジしたイケてるサイトがたった3ヶ月で作れるようになります。

ITを知りたい

IT技術の進歩により、10年後には約49%の職業が失われると言われています。

この先、確実にIT技術が進歩し続ける未来について考えた時、ITスキルや知識を身につけることは仮に私たちがなにか新しいサービスを社会に提供したいと思い立った時に必ず役に立つと思います。

以前から私は、ITを駆使した自分だけのビジネスアイデアで将来の夢を実現させたいと思っていました。

しかし、文系の大学に進学した私はITの知識がゼロでした。

そこで基本的なIT知識を学ぶことは、自分の将来の夢を叶えるための第一歩だと考えIT留学を決意しました。

グローバルIT留学では、授業を通し、Web開発のプランニングからメンテナンスまでの一通りのプロジェクト開発工程を実際に経験しながら学ぶことができます。これにより、自分が将来、組織をマネジメントする側に立った時にプロジェクトの全体像と各工程の内容がわかっているのでより的確な指示を出すことができます。

加えて、システム開発を発注する際に、仕様書の段階でどういう内容を事前に要件として伝えておく必要があるのか、どれくらいの期間を見積もって委託すればいいのかなどの開発プロセスを学ぶことで、それが自分の将来に役立つと考えました。

絶対に譲れない私の信念

大学に入ってまだ1年しか経っていない段階の休学は私にとって大きな決断でした。

先輩方からは「休学するには早すぎる」、両親からは「4年で卒業できないから休学するな」などと言われ、今考えれば周りからは反対意見が多かったです。

しかし、人生の夏休みだと言われる大学生活だからこそ、大学卒業までに様々なことに挑戦し、有意義な大学生活を送りたいという強い気持ちがありました。

一方、新しいことに挑戦するタイミングを逃し、気づいたら2年生、3年生になり、後悔している方も多いのではないでしょうか。

実際に皆さんも経験があると思いますが、やらなかった後悔は引きずります。

後悔はしたくないので、やってみたいと思った自分を信じて挑戦してみるのが私の信念です!

けれども、正直、留学前は本当にこの選択が正解なのかと思い悩みました。

結論からいうと、留学前にその答えは誰にもわかりません。

なぜなら、留学を経て自分があの時の選択が正解だと思えれば正解だからです。

この選択を正解か不正解にするのは良くも悪くも自分自身であり、判断するのも自分自身です。

もうすぐ3ヵ月のグローバルIT留学が終了し、フランジアのインターン生として本格的に業務に取り組みますが、半年前に休学してまでフィリピンに来たことは私にとって正解の選択だったと自信を持って言えるようにより気を引き締めて頑張りたいと思います!

グローバルIT留学を2ヶ月受講して

さて、ここからは私が学んでいること、IT留学を実際に受講してみての感想などについてお話していきたいと思います。

グローバルIT留学では最初の1ヶ月で、HTML・CSS・SQL・PHPの基礎を学び、後半の2ヶ月ではチームに分かれて自分たちの作りたいサイトを決め、実際にプロジェクトがどのようなプロセスで進められるのかをより実践的に学びます。

グローバルIT留学を2ヶ月受講してみて...
正直、思っていた以上にハードです!

特に後半のプロジェクト開発では、期限内にタスクが終わらないことが度々あり、放課後もカフェで作業していて気が付いたら0時過ぎてる!なんてこともよくあります。
また、各チームにレビュワーが付くのですが、そのレビュワーがなかなか厳しいです。
やっとドキュメントが完成したと思っても訂正箇所を大量に指摘されるので何度も何度も書き直すのが当たり前です。期限が直前でも容赦なく大量の指摘を受けます。

そんなつらいこともありますが、それ以上に今は勉強することがめっちゃ楽しい!
新しいことを学ぶのはやはりわくわくするし、なにより自分の成長を短期間で実感できます。辛くても、成長し続けてる時が一番楽しく、好きな自分でいられます。

一緒に頑張ってくれているチームメイトや、忙しい中でも細かくフィードバックをしてくれるレビュワーがいるからこそ途中で諦めることができないし、手を抜けないので怠けがちな私にとってはこれくらいの環境がちょうどいいです。

私が数あるIT留学の中で、「フランジアのIT留学」を選んでよかったと思うことがあります。
それは、講師がフランジアの現役エンジニアであることです。
実務経験の豊富なライアン先生だからこそ今までの彼の経験を基に実際のプロジェクトで起こり得る問題を提示して、その解決方法を私たちに問いかけ、一緒に解決策を考えてくれます。一見「そんなのいい解決策なんてないよ。」と思うような問題ばかりですが、必死で頭をフル回転させて考えるこのディスカッションの時間が私は結構好きです。そして、この質問に対し、一人ひとりに意見を求めるので、逃れられません。

また、一つのプロセスに対してアプローチの方法がいくつかあった時、「フランジアはどの方法を使っているの?なぜその方法なの?」といった質問もできます。グローバルIT留学を終えた後、フランジアでインターンをする私にとって事前にこのような話ができるのは、よりスムーズに実務に取りかかることできるいうメリットがあります。

こんな本気のIT留学ができる「フランジアのIT留学」を選んだことは間違いなく正解だったと言えます!

最後に

友達を含む周りの学生が2年生、3年生に進級する中で、1人だけ「休学」という全く別の選択をすることは不安もあり、決断に至るまではとても勇気がいると思います。

しかし、この私の記事を通し、今まで休学を視野にいれていなかったけど、少しでも休学という選択肢を考えてくれた人が増えたり、不安感から休学を決断できずにいる人の背中を少しでも押すことができたらいいなと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

AHGS×フランジアのグローバルIT留学の詳細はこちら⇛ http://ガチ留学.com/global-it/