その他

英語でプログラミングを学べる「フランジアのIT留学」のメリットとは?

グローバル化とテクノロジー化が進む中、「英語力」と「プログラミングスキル」の需要が高まってきています。

英語とプログラミングの授業でカリキュラムが構成されているIT留学では、これら2つのスキルを同時に磨くことができます。

ほとんどのIT留学では日本語でプログラミングの授業が行われますが、フランジアが監修するIT留学では、現役外国人エンジニアによる英語でのプログラミングの授業を受講できます。

そのため、英語でプログラミングスキルを身に付けられます。

また、日本人若手エンジニアのTAもいるため、英語力に不安を感じる方でも安心して頂けます。

しかし、皆さんの中に、「なぜ母国語の日本語ではなく、英語でプログラミングを学ぶのか」と疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、そんなフランジアのIT留学の特徴でもある「英語でプログラミングを学ぶ」意義について書かせていただきます。

英語でプログラミングを学ぶ意義は以下の3つだと考えられます。
コードが英語で書かれているので、そのまま理解できる
英語検索での情報量が多いことから、情報を多く得られる
英語でのオンライン学習教材が多く、学習の幅が広がる

それでは、これからを一つずつ説明していきます。


コードが英語で書かれているので、そのまま理解できる

まず、プログラミングのコードは英語で書かれています。

英語で書かれていると言っても、中高生の時に学習するような基礎英単語レベルです。

例えば、

if ($number == 1) {
  echo "1";
} else {
  echo "Not 1";
}

上記のような構文をプログラミングのコードで使います。

このコードは英語がわかる人が見ると、このように見えます。

もし ($number が 1)なら {
  表示 "1";
} そのほか {
  表示 "Not 1";
}

このコードは

もし、$number = 1なら、1とエコー(表示)し、$number = 1 以外の場合はNot 1(1でない)と表示する。

といったプログラムを実行するコードになります。このような「もし◯◯だったら、△△という処理を行う」文のことを、if文と言います。

プログラミングの知識が全くない状態では、このコードがどういったことを理解しているのか想像するのが難しいかもしれません。

しかし、if や else の意味を知っていれば、プログラミングのコード自体の知識がなくても、なんとなくコードの意味が推測できるのではないでしょうか。

英語が理解できれば、初めて見る構文でもその構文がどう機能するのか想像することができ、意味やスペルを覚える工程を省くことができるため、効率的に学習を進められます

しかし、英語に苦手意識があり、英語だけの文を拒否してしまう方にとっては、コードを書くことが難しく感じるかもしれません。

IT留学ではプログラミングを学ぶことに加え、英語にも慣れることが出来るので、英語だけで構成されているコードに対しても苦手意識をなくすことができます。

英語検索での情報量が多いことから、情報を多く得られる

わからないことがあった時に頼りになるGoogle。
そんなGoogleの検索結果件数は、日本語検索より英語検索の方がどれだけ多いかご存知ですか?

例えば、
「テクノロジー」と日本語で検索した時の検索結果件数は、約1億2700万件ですが、
「Technology」と英語で検索した場合は、約58億件です。

英語で検索したことが理解出来ると、手に入れられる情報量が圧倒的に増加します。

プログラミング学習においても同じことが言えます。

わからないことを日本語検索しても出てこなかった時、英語検索するとほしい情報がすぐに見つけられます。

プログラミング学習の初期段階において、英語検索の重要性を感じる場面は少ないかもしれません。しかし、初級から中級・上級へとレベルが上がるにつれて、日本語での参考記事が減る=見つけにくくなるため、英語で検索せざるを得なくなります。

また、エラーの対処法を探すときも英語検索だとすぐに見つけることができます。

コードに間違いがある場合、エラー内容とエラー箇所を示してくれるエラーメッセージが英語で表示されます。

エラーメッセージが表示され、デバッグ(バグと呼ばれる間違いを修正する)作業をする時、表示されたエラー内容を見てもどこをどう直せばいいのかわからないことがよくあります。

そんな時、エラーメッセージをコピペして、そのまま検索すると解決策がすぐにわかったりしますが、検索結果のほとんどが英語のサイトです。

英語が分かれば自分の欲しい情報をすぐに探し出せますが、そうでない場合は日本語で書かれた記事やサイトを探す作業から入らなければなりません。

日本語の方がわかりやすいかもしれませんが、結果的に英語ができる人に比べて解決策にたどり着くまでの時間がかかってしまいます。

より早くエラーに対処することで、学習のスピードも上げることができます。

英語でのオンライン学習教材が多く、学習の幅が広がる

検索結果のみならず、ブラウザ上には分かり易い英語のチュートリアル(オンラインプログラミング学習教材)が豊富にあります。

IT留学を卒業しても、英語のチュートリアル動画で学習を継続することで、英語力とプログラミングスキルの両方を独学でも磨くことができます。

最初から英語の動画を見てプログラミングを学習・理解することは、英語の専門用語が混ざっているため難しいかもしれません。

しかし、IT留学では専門用語も英語で学ぶため、より理解しやすくなります。

基礎からプログラミングを英語で学ぶことは学習効率を上げることにも繋がります。

過去に、フランジア社員がおすすめする英語のチュートリアルサイトをご紹介した記事があるため、ぜひ参考にしてください。
【プログラミングと英語学習の両立?英語でIT学習できるおすすめサイト4選】

まとめ

上記のようなメリットから、英語でプログラミングを学ぶことは意義あることだと言えます。

また、これらに加え外国人講師による英語でのプログラミング授業を通すことで、必然的に英語力も向上します。

プログラミング学習を始めてすぐの段階で、英語でプログラミングを学ぶことの意義を感じることは難しいかもしれません。より高いレベルを目指す学習プロセスにおいて、英語の必要性を感じるようになると思います。

特に将来、海外のIT企業で活躍したい方にとっては、「日本語で学んだ専門用語を再度英語に翻訳して覚える」という通常プロセスが不要になるため、最短でグローバルIT人材になることができるのではないでしょうか。

現役外国人エンジニアが英語でプログラミング講義を行うAwesome Ars Academia(オウサムアルスアカデミア)を、ぜひご検討下さい。

「Awesome Ars Academia」へのお問い合わせはこちら => https://awesome-ars-academia.net/contact/