留学レポート

【IT留学レポート】Ruby on Railsプログラミング講義・初日レポート

授業開始前の様子

 

写真のように、「Ruby on Railsコース」の教室には、「Kredo × Framgia(現:Sun*、以下Sun*と表記)」の共同講義であることがわかるように張り紙がしてありました。

扉を開けて、教室へ入ると、上記2枚めの写真のように、Sun*のブランチマネージャーとRuby on Railsコースの講師の現役フィリピン人エンジニアのHani先生が談笑していました。

フランジア(現:Sun*)の会社紹介

 

初日の講義は朝の9時から開始です。

まず最初は、ガイダンスとして、Ruby on Railsコースを担当しているSun*フィリピンのマネージャーから、Sun*の会社紹介がありました。

  • グローバルに6ヶ国11拠点を構える1000人規模の開発会社であること
  • 社員教育に力を入れていて、Ruby, PHP, Android, iOS, Javaなどのエンジニア研修を各種社員教育に取り揃えている会社であること
  • フィリピンでは、開発チームと留学事業の2軸で事業展開をしていること

など、興味深く聞いて頂けたようです。

また、記念にフランジア(現:Sun*)のステッカーもプレゼント。生徒さんもすぐにパソコンに貼ってくださいました!

コース紹介

 

まだ初日、ということでみなさんが英語でどのくらいコミュニケーションができるかわかっていないため、Ruby on Rails留学の日本人TAからコースのアウトラインについて説明がありました。

初めの4週間はどういうタイムラインで進んでいくのか、最終的に4週が終わったときのゴールとして開発するアプリケーションはどのようなものになるのか。

スケジュールとゴール設定について共有することで、留学の目標などを明確化していきます!

 

その後は、フィリピン人のメイン講師であるHani先生から英語での自己紹介があり、生徒さんからも「せっかくなので」ということで英語で自己紹介をして頂きました。

今回の生徒様には、六本木が実家というもしやセレブな女子大生や、既にオーストラリア・ニュージーランドでのワーホリ経験・海外経験を持ってらっしゃる方など、3名とはいえバラエティに富んだ生徒様方で、自己紹介も盛り上がりました。

日本の学校や会社と違って、普段は全然会えないような人たちと「同期・バッチメイト」として知り合えることもセブ島留学の一つの醍醐味。

バラエティに富んだ参加者で、楽しみな2月バッチとなりそうです!

開発環境の準備

 

会社紹介・コース紹介・参加者の自己紹介が終わった後、さっそく開発の準備に取り掛かっていました。

本コースでは、HTML, CSS, Ruby, Ruby on Railsなどをコーディング・プログラミングで学習していくのですが、プログラミングをするにあたって必ず使うことになるのが「エディタ」と呼ばれるプログラミングを書くためのツール。

Ruby on Rails留学では、Sublime Text3というツールを使うため、みなさんにSublime Text3をインストールしてもらい、初日の講義の準備をしていました!

今回の参加者は、Atomという別のエディタをトライしたことのある生徒さんも居ました。

Atomも非常に高機能ですばらしいエディタですので、みなさんもAtomもトライしてみても良いかもしれません。

プログラミングの講義開始

 

休憩時間を挟むと早速、メイン講師のHani先生からのプログラミング講義が始まりました!
Hani先生は非常に若いのですが、明るいキャラクターで地頭がよく、非常に高いスキルを持っています。

もともと雑誌のデザインなどを大学時代に趣味でもやっていたので、説明のために使っているスライドもキレイでわかりやすいです。

初日はまず、ウェブ開発の基礎の基礎であるHTMLが何かについて紹介した後、ハンズオン形式で実際に書いて表示を確かめる、というプロセスで講義が開始しました。

英語での説明や、スライドでわからない・困ったことがある際には、日本人TAも入ってサポートさせて頂いていました。
Ruby on Rails留学は、2名の現役エンジニアがサポートしているので、非常に贅沢な環境での学習ができるようになっています!

まとめ

最後に初日の講義を終えて全員で記念写真を一枚!

初日の勢いを忘れずに、実りのある4週間・8週間を過ごして頂き、一つでも多くの学びのある留学になるよう、共に頑張っていきましょう!


Sun*のRuby on Rails留学は、

  • グループ1000人のグローバルIT開発会社・フランジアの社員研修をベースにしている学習カリキュラム
  • プログラミング学習も英語ベースとなる英語漬けの環境
  • 英語でのプログラミング学習が難しいときのサポートとしての日本人エンジニアのサポート

IT学習・英語学習・サポート体制、セブ島IT留学でここまで万全の学習環境を提供しているIT留学・プログラミング留学は他にありません!
今後セブ島留学を検討している方は、ぜひフランジアのIT留学(現:Awesome Ars Academia)にお問い合わせください。

Awesome Ars Academiaへのお問い合わせはこちら ⇒ https://awesome-ars-academia.net/contact/