ITパーソンの英語学習法

英語リスニング学習に向いているおすすめの洋楽10選!

「英語を学ぶ意欲はあるけど長続きしにくい....」

「リスニングには苦手意識がある....」

英語学習者にとって一度でもそんな経験をしたことがありますよね。

今回は、そんな悩みを持った方でも洋楽を聴きながら上達していける英語学習方法をご紹介します。

ご紹介するなかでヒントとなっていくのが、「暗記力ではなく記憶に残りやすい学び方」です。

ぜひ、頭の隅に入れておきながら、読み進めてください。

洋楽で英語学習するメリットと注意点

英語を勉強する手段はたくさんありますが、洋楽には他の学習方法との差をつける以下のメリットが挙げられます。

  • メロディが感情に働きかけてくれる
  • 「聴く」と「歌う」でインプットもアウトプットもできる
  • 参考書には出にくいシンプルで自然な表現が多い
  • 音楽を聴く=習慣化しやすい

上記のようないくつかのメリットがありますが、音楽がもたらしてくれる効果はそれだけではなく、ドーパミンの分泌をどんどん促してくれるという重要な役割があります。

ドーパミンが増えることで自然と集中力が増え、持続的な学習をすることができるのです。

また、自分の気持ちを英語で伝えたいときや日常生活をおくる上で、難しいフレーズや複雑な文法はそれほど必要ないといわれています。

洋楽には日常で起こることが題材になっていることが多く、歌詞の中に繰り返しでてくる表現が記憶にも残りやすいのでおすすめです。

しかし、文法の基礎をしっかり学びたいという方には洋楽を使った英語学習は向いてないかもしれません。

理由としては、歌詞の中には必ずしも正確ではない文法や大げさなフレーズが含まれているからです。

ラップなどの曲で使われる単語や文法は適切でないものが多いので、一から文法をしっかり学びたいという方は、別の学習をしてきましょう。

別の英語学習において、一から英語を学習したい方や英語をより効率よく勉強したい方に向けて、無料で英語学習できるサイトを以前にご紹介しましたので、より詳しく知りたい方はこちらから。
【英語初心者向け】無料で英語学習ができるおすすめサイト10選!

洋楽を活用した効率的な学習方法

では実際に洋楽を活用した学習で実践できる基本ステップをご紹介します。

歌詞カードは検索すれば出てくるものもありますが、手元にあったほうがすぐに使えて便利なのでぜひ用意しておきましょう。

  1. 曲を聴きながら歌詞全体の内容を把握する
  2. 単語を調べながら自分なりの和訳をやってみる
  3. 歌詞を見ながら使えるフレーズや単語をメモしておく
  4. 歌詞を見ずに少しずつ文字起こしをする
  5. 歌詞にある内容を理解しながら何度も歌ってみる
  6. 自然と歌えるようになる

実力や気分で実際どこから挑戦しても構いません。

最終的に口ずさみながら聴くことができれば、インプットとアウトプットが両立できるようになり、記憶に残りやすい学び方になっていくのです。

運転中やお風呂、キッチンにいるときに聴くのも効果的ですので、主婦の方や社会人にも習慣になりやすく続けやすいでしょう。

英語学習に向いている洋楽を選ぶポイント

洋楽といってもピンきりで、何を基準に選べばいいのわかりませんよね。

以下の基準で選曲すると自分にあったものを見つけることができます。

  • 昔ヒットした有名曲や話題になったことのあるCMソング
  • 発音がクリアで歌詞がストーリーになっている曲
  • なまりが少なく語り口調で歌っているカントリーポップソング

迷ったらこの3つから選曲してみましょう。

あとは好きなアーティストがいれば、そこから選ぶのもおすすめです。

やはり、自分の好きな曲であればあるほど、やる気アップに繋がり、継続しやすくなります。

ただ、その際の注意点ですが、文章がちゃんとしているか、自分の頭で状況を思い浮かべることができるか、は必ず確認するようにしましょう。

では、実際におすすめする洋楽の曲を10選ご紹介します。

英語リスニング学習に向いているおすすめの洋楽10選

洋楽1 Show Yourself / Idina Menzel (イディナ・メンゼル)

この曲は言わずと知れた「アナと雪の女王2」の挿入歌です。

物語を知っている方は歌詞を聴きながら想像しやすい曲です。

和訳をしながらストーリーの答え合わせをするかのようなイメージで歌詞も頭に残りやすく、英語の学習に適しています。

 

洋楽2 Christmas Tree Farm / Taylor Swift (テイラー・スウィフト)

Taylor Swiftの曲は初心者にもおすすめできる曲が多いのが特徴です。

聞き取りにくいフレーズが少なく、文章がくどくないため、なかなか飽きることはありません。

特にこの曲はクリスマスソングでサビの部分も頭にすごく入りやすいです。

自分の生活にも想像がしやすく、キャッチーな曲ですので、ぜひリスニングの学習に使用してみてください。

 

洋楽3 Shape Of You / Ed Sheeran (エド・シーラン)

最初は少しハードルが高く感じるかもしれませんが、発音がクリアでリズミカルな音調がテンションをあげてくれます。

最初に単語を落とし込むことにより、後から驚くようにスラスラ入ってくる一曲です。

大人っぽい歌詞で、恋模様を描くストーリーなのでどの世代にも人気です。

教科書には載っていないフレーズもたっぷりで新鮮かもしれません。

動画サイトでも色々なアーティストのカバーがアップされています。

応用しやすく何度でも最後まで気持ちよく聴ける代表曲です。

 

洋楽4 Call Me Maybe / Carly Rae Jepsen (カーリー・レイ・ジェプセン)

なんといってもノリがよく、ながら作業でも頭に残りやすいのがこの曲です。

何回も聴いてみれば、聞こえてこない単語はないほど文章もしっかりしています。

合わせて動画を活用すれば、楽しく英語を身につけられるでしょう。

まさに最適な学習方法だと言えます。

発音も拾いやすいので、洋楽に抵抗のある方にも自信を持っておすすめできる一曲です。

ぜひ最初に自分の言葉で和訳してみてイメージしてみましょう。

 

洋楽5 Let It Go / Idina Mezel(イディナ・メンゼル)

こちらの曲は子供から大人まで大人気だった「アナと雪の女王」の主題歌ですが、サビの部分は7年が過ぎた今でも歌える人も多いほど世界でヒットしました。

中学校の英語の授業でも歌うことがあるくらい親しみやすい曲です。

下手に参考書を買うよりも絶対に記憶に残る勉強ができるでしょう。

 

洋楽6 24K MAGIC / Bruno Mars(ブルーノ・マーズ)

省略表現や簡単な言い方が多く、より深く実践的な英語を聴きたい方におすすめなのがこの曲です。

アップテンポな曲なので初心者の方には少しハードルが高いかもしれませんが、聴けば聴くほど耳が慣れてくる中毒性のある一曲です。

少し勉強に疲れたときなど、ただなんとなくでも聴いてみてはいかがでしょうか。

やる気アップにつながること間違いなしの曲です。

 

洋楽7 You Belong With Me / Taylor Swift (テイラー・スウィフト)

テイラーの曲は男性にも女性にも聴きやすいです。

どんどん先の意味を知りたくなるほど魅力的な歌詞にも注目です。

ただの暗記ではないからこそ、気分で取り入れてもらいたいと思います。

誰にでも歌詞の意味がわかりやすいので、気軽に聴きながら勉強することができます。

 

洋楽8 Part of Your World /ディズニーリトルマーメイド

この曲は、長年老若男女から愛されている曲です。

もし洋楽で勉強を始めたい方が3曲選ぶとしたら、ディズニーの曲を1つ選んでいただきたいくらい素晴らしい曲です。

大切なことをさまざまな角度から伝えてくれる歌詞は、英語以外にも勉強になることばかりです。

ちなみにこの曲は「have got」の文法を使ったベーシックな表現を簡単に学習できるので、英語学習を継続できるか心配な方にも安心しておすすめします。

 

洋楽9 A Whole New World /ディズニーアラジン

こちらも有名なディズニーの曲です。

絶対に知っておきたい文法がふんだんに使われているので、慣れてくれば文字起こしも余裕なくらい聴き込めます。

英語に自信ないけど洋楽で苦手を克服したいと思う方は、ぜひホール・ニュー・ワールドを聴きましょう。

 

洋楽10 Just The Way You Are / Bruno Mars (ブルーノ・マーズ)

せっかくなら音楽の世界にも浸りながら、英語も学んでいきたいですよね。

この曲は語り口調で、車で聴いたり他の作業をしながらでも自然に耳に入ってくるのが最高のポイントです。

毎日聴いても飽きないキャッチーな曲と、すぐ使えるフレーズも多くあります。

また、シンプルに英語の音だけに集中できるのでリスニング学習にとても向いています。

まとめ

ここまで多くの曲を紹介しましたが、気になる曲はありましたか。

リスニングの勉強に少しワクワクしてきた方もいるかと思います。

先ほども前述したように、洋楽といってもハードルが高い曲ばかりではありません。

特にTaylor SwiftやBruno Marsなどの曲は、英語初心者でも学習しやすい教材です。

今は歌詞も動画も簡単に検索することができる便利な時代ですので、この記事をきっかけにさまざまな曲を使って英語学習をしてみてはいかかでしょうか。

リスニング力も楽しみながら持続していけば、自然と上達していきます。

ぜひ、ご紹介した曲だけでなく、自分の感性に適した曲を選んでみてくださいね。

また、英語初心者から上級者まで参考にできるおすすめのリスニング教材について以前ご紹介しましたので、ぜひこちらもご覧ください。
【英語初心者~上級者まで】英語リスニングにおすすめの教材をご紹介!

 


Awesome Ars Academia(オウサムアルスアカデミア)は、グローバルIT専門学校です。
反転授業やプロジェクトベースドラーニングなどの最先端の教授法をきちんと知りぬき設計された質の高い教育を提供しています。

受講生には、中高生から社会人まで、幅広い層の方々がいらっしゃいます。

「英語でのプログラミング学習」に興味がある方は、ぜひ実際にAwesome Ars AcademiaのIT留学を受講した方のインタビュー記事をご覧ください。

15歳の高専生がセブ島IT留学へ!初海外、新たなチャレンジで得たものとは?

長期休暇を利用して1ヶ月のIT留学!高専生がセブに来た訳とは?

また現在、「英語で学ぶオンラインプログラミング無料講座」も開講しております。
英語を学ぶのではなく、英語で学ぶ、いい機会だと思いますので、ぜひ気軽にご参加ください。

オンラインプログラミング無料講座はこちら ⇒ https://awesome-ars-academia.peatix.com/

LINEからの簡単問合せはこちら ⇒ LINEでのお問い合わせはこちら
無料カウンセリング予約はこちら ⇒ https://awesome-ars-academia.net/online-counseling/
Awesome Ars Academiaへのお問い合わせはこちら ⇒ https://awesome-ars-academia.net/contact/
Awesome Ars Academiaの資料請求はこちら ⇒ https://awesome-ars-academia.net/material/