学生の進路選択

プリスクール卒業後の進路!家庭にあった選択をしよう

プリスクール卒業後の進路!家庭にあった選択をしよう

幼児教育無償化やこども園などの増設で、未就学児の教育や保育の選択肢が増えてきました。

その選択肢のひとつとして、英語力アップにも繋がるプリスクールに通っている家庭も多くなり、今後入園させたいと考える家庭もあることでしょう。

今回は、プリスクールに通っている家庭が、進学時にどんなことを意識したら良いのかをお伝えします。

プリスクールと日本の未就学児向けの施設

元々は日本に住む外国人の子供向けの施設として設立されたプリスクールは、英語によるコミュニケーションを主流とし、スクールごとの独自カリキュラムで勉強や保育を実施しています。

近年は日本人の受け入れも増えており、就学前に英語に触れさせたいといった理由から注目を集めています。

 

日本の幼稚園・保育園との比較

 
プリスクールは、日本の幼稚園や保育園と同じように、小学校就学前の子供を対象とした施設です。

園によって異なりますが、早いところは0歳から、多くは3歳から入ることができます。

日本にある保育園は厚生労働省の管轄にあり国が定める基準を満たしている認可保育園と自治体の基準を満たしている認可外の保育園があります。

また幼稚園は文部科学省の管轄で学校と同じ区分になります。

しかし、プリスクールはこのどれにも該当しない認可外の施設です。

プリスクールと括られていても、一定の基準がないので学校ごとに大きく異なりその形式はさまざまです。

たとえば、独立した園舎や園庭を持っているスクールもあれば、ショッピングモールや駅前のビルの中に入っていることもあります。

子供の受け入れ時間も、週5日8時から17時までのところもあれば、週2〜3日4時間だけなど、そのスクールごとに決められています。

最近は共働き家庭も増えてきたので、プリスクールでも延長保育のようにカリキュラムを終えたあとでも預かってくれるところが増えてきました。

保育園であれば子供を預かり保育する施設、幼稚園であれば幼児教育として小学校に上がる前に生活習慣や音楽・計算などの教育をする目的がありますが、プリスクールは学校ごとに内容が異なります。

保育園のように遊びや歌・ダンスが主流のスクールもあれば、幼稚園のように語学や簡単な算数などを学ぶというところもあるのです。

 

プリスクールの特色

プリスクールの特色の一つ目は英語による会話がメインである点です。

日本人スタッフだけではなく外国人講師が多く在籍しており、ネイティブの先生たちと交流することで英語を聞く・話すといったスキルが自然と身につくようになります。

スクールによっては、日本語禁止といったところもあります。

保育を担当する職員は保育士の資格を保持していますが、英語の講師などはそのスクールごとに採用基準が異なり、必ず英語教育の資格を持っているとは限りませんが、ネイティブやネイティブに準ずるスキルを持っていることが求められています。

特色の二つ目は、海外の学習法によるカリキュラムが受けられる点です。

たとえば、みんなで円になって座り、ひとりがスピーチをして周りの子が感想や質問をするといった交流をします。

色々な国の子供が在籍しているので、他国の文化を知り、自国の文化を紹介することもあります。

4.5歳になると英語で書かれたテキストなどを使って算数や文法などを学ぶことがあります。

特色の三つ目は、国際的な交流ができる点です。

色々な国の子供たちがいて、それぞれに母国語があります。

言葉だけではなく食文化や生活習慣の違いなども、子供のうちから知り、身近に経験することができます。

こうした経験は成長するにつれ、色々な人がいて異なる習慣があるのが当たり前となり、違いを受け入れることに繋がります。

プリスクール卒業後の進路

小学校に上がる前までは、幼稚園や保育園、プリスクールや自宅保育といった子供の環境は親の意思で決めることができます。

その後、満6歳の子供を持つ日本国籍の親には、子供に教育を受けさせる義務が発生します。

いわゆる義務教育と呼ばれるもので、これは日本の法律で定められているので保護者が外国籍の場合はこの範囲に含まれません。

子供が満6歳を迎える前に、プリスクールを卒業した後にどのような進路を選ぶのかを考えなくてはいけません。

幼少期をプリスクールで過ごした子供の多くは、英語に耳が慣れコミュニケーションも取れるようになります。

将来、子供がどんな環境で暮らすことになるのかといった点から選択肢を見てみましょう。

 

日本の私立・公立小学校へ進学する

今後も日本で暮らすことがメインという家庭の多くは、日本の小学校へ進学することを選びます。

将来日本で就職をするために、小・中学校の義務教育を修了した後、日本の高等学校へ進学するという流れが一般的です。

日本の高等学校の受験資格には、義務教育を終えた実績が必要となります。

日本の学校へ進学した場合、日本語による教育になるので、プリスクールで培った英語力の低下は否めません。

近年、日本でも英語教育に注力され始めましたが、多くの学校では、まだまだ授業の時間数は少ないうえに、ネイティブの先生と接する時間が少なく発言できる時間も控えめです。

英語力の維持には日常的に使うのが第一ですが、学校で活用できない場合は、放課後や休日に英会話スクールなどに通い継続するといった対応ができます。

もちろん、英語教育に注力している小学校や中学校もありますが、通える範囲に無いといった場合は、その後の高校進学時に英語に強い学校を選択したり、インターナショナルスクールへ進学したりすることも可能です。

 

インターナショナルスクールへ進学する

現時点で、日常生活で英語によるコミュニケーションが必須であったり、将来海外への移住を予定していたりする家庭はインターナショナルスクール(国際学校)への進学を選ぶ人が多いです。

日本の高校や大学、就職などはやはり日本の教育課程を履修している必要がありますが、将来的に海外へ出るのであれば、はじめからそちらを視野に入れた進学を選択するのです。

プリスクールによっては、インターナショナルスクールを併設しているところもあり、幼少期を過ごしたみんなで進学することもできます。

インターナショナルスクールは、日本の法律に定められた学校ではないので、卒業したとしても義務教育を修了したことにならないことがほとんどです。(一部、義務教育を修了したとみなされる学校もあります)

しかし、日本以外が拠点となるのであれば英語力は最低限必要なスキルなので、習慣を継続させたいときにはインターナショナルスクールが最適です。

インターナショナルスクールは、プリスクール同様、英語によるコミュニケーションで算数や社会、理科などの教科を勉強します。

そして他国の文化を学んだり、プログラミングやダンスなど個人の興味のある分野を選択して学べたりするスクールが多いです。

また、少人数のクラスで語学レベルによって振り分けられるので、年齢や国籍が異なる人たちと交流することができます。

そして卒業後は英語圏の海外の大学へ進学するという人が多いです。

 

イマージョン教育校へ進学する

進路を考えている時点で海外への移住計画などはないにしても、英語力の低下を抑えたいという家庭には、イマージョン教育校を選択する方法もあります。

今日本にあるインターナショナルスクールのほとんどは日本の学校教育法で学校という区分ではないですが、イマージョン教育校はこの法律に認められている学校なのです。

学校教育法の第一条に定められた学校であることから、「一条校」とも呼ばれています。

イマージョン教育校の数はまだ少ないですが、学校内で母国語以外の言語を使って教育をする学校のことを指します。

日本であれば英語を使った教育をしますが、英語圏であればフランス語やスペイン語などを使って学ぶという風に色々な国で取り入れられている教育です。

日本では、日本の義務教育も履修しながら「英語を自然と身につける」という方針のカリキュラムが注目を集めています。

イマージョン教育校では、完全に英語だけとしている学校や日本語や日本文化を勉強する授業を設けている学校もあります。

また、国際交流を目的としたホームステイのイベントで海外の生活を実際に体験できることもあります。

 

オンラインセカンドスクールという選択肢も視野に

英語に注力している小・中学校は私立が多く、イマージョン教育校も数が少ないため、小学校進学のタイミングでその地域へ引越をすることは現実的に難しいかと思います。

また、コロナ禍の今は対面式の塾に通わせるのも控えたいと考える家庭には、オンラインセカンドスクールという選択肢があります。

親のテレワークなどの影響やタブレット学習などを通じて子どもにとってパソコンやタブレットは身近なものになりました。

学校の授業では英語だけではなく、プログラミング学習も始まるので、今後はグローバル化に適応できるようIT分野にも注力が必要です。

Awesome Ars Academia(オウサムアルスアカデミア)では、オンラインでプログラミングについて学ぶことができ、世界中の現役プログラマーが講師となって教えてくれます。

オンラインなので自宅に居ながら英会話×プログラミング学習を受けることができ、コロナ禍であっても世界中の人と繋がりを持って勉強ができるのは子供にとって刺激となります。

プリスクールで得た英語力を活かすことにも、初めて英語によるコミュニケーションを取るというときにも良い経験となる、そんなハイブリッドな学習法はいかがでしょうか。

Awesome Ars Academia(オウサムアルスアカデミア)は、小学生から高校生に向けて、英語でプログラミングを学べるオンライン講座を提供しています。

オンライン学校説明会を毎月開催していますので、ご興味がありましたらぜひお申し込みください。