体験談留学レポート

【セブ島IT留学体験談】IT知識ゼロ女子大生のIT留学現地レポート Vol.2

Komosta mo!(お久しぶりです!)

気づけばあっという間に、2週間、3週間が経ち4週間目に入りました。

セブには季節が二種類(乾季と雨季)あり、今は乾季の夏です。

ということで、最近、海に行ってまいりました!

本当に最高の天気とエメラルドブルーの海に感動。代償にガッツリ日焼けしましたが、まぁいいでしょう!

日本ではあまり経験できない週末に久しぶりテンションが上がった1日でした。

さて、最近のITクラスの授業は、相変わらず光の速さで授業が進んでいます。3週目にして、PHP・MySQLが終わりました。

そして!なんと、新しいクラスメイトが2人増え、計7名で和気あいあいと授業を受けています。


最高のログインページ作ってみたくない?

3週目は、世界で最も利用されているデータベース管理システム「MySQL」の使い方を学んだ後に、それをPHPと繋げる方法を学びました。

そして、アウトプットとして「ログインページ」作成の課題にトライ!

複数のページにまたがって使用される情報を格納する方法である「セッション」という機能をつけてというお題に従いながら時々、心が折れかけつつ、なんとか完成させることができました。

他の生徒さんのセンスのページを見てください。

写真のようなデザインは、CSSを使いこなせるようになればあなたも簡単にできてしまうかも!?

PHPMySQLでページの裏側をHTMLCSSで表側を作れるようになると、勉強の成果が発揮でき、だんだん楽しくなります。

紙飛行機を作って学ぶ!開発プロセス

4週目は、アクティビティおよびワークショップを通し、ソフトウェア開発のプロセスを学びました。

目的として、高品質の商品提供顧客の期待への対応見積り内時間内にどのように完成させるかを理解するためです。

「そんな難しいこと説明されてもちょっと何いってるかわからないよ〜><」

というIT初心者の為に、とってもわかりやすく「目玉焼き作り」「飛行機ショーを開催」「200本ストローで工作」など、一見、童心に帰れるアクティビティを通し、SDLCについて理解を深めました。

※SDLCとは、ソフトウェア開発プロセスの各ステップで実行されるタスクを定義する方法。

難しいこと程、体験的に学ぶことによって理解度が高まる傾向があります。

よって、楽しみながらもこのようなアクティビティが難しい開発の流れを理解するのに非常に役立つのです。

もくもく会でモクモクした話

Framgiaのメンバーが仕事をしているiiofficeで月2回(第2、4土曜日)開かれている「もくもく会」というイベントに、クラスメイト全員で参加してきました。

正直、この「もくもく会」に参加する前まで「もくもく会でもくもく、、、。ん?」といまいち何をするのかわからないと思っていたのですが、参加してみた感想は
「みんな黙々となんかやってる!」。

各々が共通の制約などなしで自由に仕事や勉強ができるダラけない最高の土曜の午前の機会を提供している会です。途中、Framgiaの会社紹介が行われ、Framgiaが目指すワクワクした社会作りのステップを参加者と共有できた有意義な時間でした。

セブ在住の留学生、社会人の方、ぜひふるってご参加ください!

興味がある方はこちらをチェック!セブ島IT留学生の交流プラットフォーム?「もくもく会」のご紹介!

2か月目からは、実践編としてクラス内で2チームに分かれ、実際に各チームごとで独自性のあるページを作る予定です。

どんな風になるのか、ワクワク!

 

AHGS×フランジアのグローバルIT留学の詳細はこちら⇛  http://ガチ留学.com/global-it/